« 北海道紀行 | Main | 信州伊那谷紀行 »

鹿児島紀行

今回は一転一番南の鹿児島へ行く機会を得ました。2月18日でしたがこの季節とは思えない暖かさでまた天気もよく桜島の眺望は素晴らしく久し振りの鹿児島を堪能しました。鹿児島は旧薩摩藩の領地で明治維新の英雄が同じ町内から何人もでているすごさです。西郷隆盛,大久保利通等の誕生の地が直ぐ近くに存在しています。明治維新を勉強し直そうかなと思います。テレビで新撰組が進行中ですし。ただ今回もこの地でおいしかったものを紹介したいとおもいます。(じゃんぼ)というものです。これはくし団子のかたちをしてますが,一つのもちに二本の竹の串をさしてあります。両は中国語で(リャン)でそれを鹿児島では(じゃん)と発音したそうです。(ぼ)は棒のことで二本の棒がささっているので(じゃんぼ)となったとのことです。たれが甘みをおさえていて,もちもやわらかく食べやすく感動ものでした。場所は島津藩別邸の磯亭の近くで,錦江湾に面し建物は昔ながらの木造で廊下と障子の本当に素朴な平田屋という店でした。平田屋さんは350年続いているお店です。

Image7.jpg

(じゃんぼ)です。

|

« 北海道紀行 | Main | 信州伊那谷紀行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鹿児島紀行:

« 北海道紀行 | Main | 信州伊那谷紀行 »