« September 2004 | Main | November 2004 »

はけの家(鉄道模型趣味の集まり)

私の家の近くに‘はけ‘と呼ばれる崖があります。これは国分寺崖線といい国分寺にはじまり狛江まで続く崖のことです。崖の下からは地下水がしみ出ていて,其の水が集まって野川という川となり狛江で多摩川にながれこみます。崖の周辺は自然が沢山あり小金井の野川公園の近くではたぬきもみられます。大岡昇平の書いた武蔵野夫人
の舞台となった場所はまさに小金井の‘はけ‘なのです。その‘はけ‘で大岡昇平が一時住んだ家の庭で鉄道模型で遊ぶグループの集まりに参加しました。毎月第2日曜日に線路をつなぎそれぞれが自慢の模型を持てきて楽しんでいます。グループのメンバーはこの世界で大変な人達です。台湾の新幹線の架線担当の技術者の方,鉄道模型雑誌の編集の方とか多士済々です。この日見た蒸気機関車D52は真鋳の板を設計図どうりに切り造ったものでした。小さい工作機械を持ち市販に無い時にはビスまで造るそうです。森の中の庭に線路を敷き列車を動かし一緒に飲み食べ楽しんでいる様子は幸せいっぱいでした。

041010-01.jpg
手製のD52(塗装前)

041010-02.jpg
庭の線路を往く貨物列車

041010-03.jpg
貨物列車とキハ58のすれ違い

041010-04.jpg
参加者

041010-05.jpg
Nゲージもある。アメリカの列車(サンタフェ鉄道)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »