« 沖縄の桜 | Main | 北海道,ひらふ駅のしま太郎 »

NICT(情報通信研究機構)

2月17日情報通信研究機構(私にとっては郵政省電波研究所がわかりやすい)を当機構,寺崎理事のはからいで訪問する機会を得た。この研究機構は小金井市にあり私の家の近所だ。昔から日本の標準時をおくりだしていることで有名で,初めてそのものを見,説明を頂き感慨深いものがあった。よく小金井の自慢話に桜と日本標準時のことをあげていたし門の前を通る度にどうなっているのかなと思っていた。他に宇宙天気予報についても24時間体制で太陽の黒点の移動とかコロナの状況などを観測しいろいろな方面に通知している。標準時も宇宙天気予報も世界のハブとして活躍している。また最近ではサイバーテロに対する対策室を設けインターネットのセキュリティに関する重要な役割も引きうけている。

050220-01
情報通信研究機構

050220-02
日本標準時を作り出してる装置

050220-03
セシウム原子時計

050220-04
太陽の状況をうつしだしているディスプレイ

|

« 沖縄の桜 | Main | 北海道,ひらふ駅のしま太郎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NICT(情報通信研究機構):

« 沖縄の桜 | Main | 北海道,ひらふ駅のしま太郎 »