« インドより帰国 | Main | インド旅行記(シムラー) »

インド旅行記(アムリトサル)

今回の旅行は長くあちこち移動し写真も沢山撮ったのでいささか疲れた。写真とか記録を早くまとめなくてはと思いつつ時間がたてしまっている。最初の訪問地はAMRITSAR(日本ではアムリトサルと発音するがあまり正しいとは思えない)ここはパンジャブ州の大きな町でパキスタンの国境のすぐちかく,シークの人達(男は皆ターバンを巻いたている。ターバンは15メートルありいろいろな色でおしゃれをするとのこと)の州だ。この町には黄金寺院(シーク教の総本山)があり巡礼の人達の列が切れることはない。ボランティアの人達がパン,料理をつくり誰にでもふるまっている。シークの男達は勇猛でインドの軍隊,警察等で主要な地位についている人も多いし,見かけも勇猛そうだが実際は親しみやすい優しい人達が多いように感じた。シン首相もシークの人。
ちなみにアムリトサルは不死の池の意味だそうだ。


060226-01
黄金寺院

060226-02
巡礼者の列

060226-03
にぎやかな町

060226-04
警官と果物売りのおじさん(皆鬚がありターバンの下は長髪)

|

« インドより帰国 | Main | インド旅行記(シムラー) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference インド旅行記(アムリトサル):

« インドより帰国 | Main | インド旅行記(シムラー) »