« June 2006 | Main | August 2006 »

オーストラリア紀行5(泊まった町)

泊まった町MOSMANの商店街は昔ながらの歩いてショッピングのできる町。一軒一軒歩いて見て回れる楽しさがある。昔の東京のどこにでもあった商店街の趣きがある。古いイギリススタイルの店がならぶ。このすぐ近くがバルモラルビーチ。自然と静かな住宅街、商店街のある魅力に溢れたシドニーでも指折りの住みよい町だ。


06073101


06073102
コーヒーショップ

06073103


| | Comments (0) | TrackBack (0)

オーストラリア紀行4(美しい海)

シドニーは本当に美しい海に囲まれた町。多分世界で一番きれいだろう。
この数枚の写真は住宅地そのものにある海辺で、どこか遠くにドライブして
たどり着くとかのリゾート地でないところがすごい。
最初の2枚は泊まっていた家から10分のヨットハーバー。
駐在中はこんな環境が日常だった。

06073001
スピットブリッジ

06073002
スピットブッリジ

06073003
ノースヘッドからサウスヘッドを望む

| | Comments (83) | TrackBack (0)

オーストラリア紀行3(ロングビーチゴルフクラブ)

16日は午後から天気がよくなり、いろいろ回ってから駐在中によく行っていたゴルフ場により
周囲をあるきクラブハウスでコーヒーを飲んで休んだ。このコースはリンクスと呼ばれるコースで
風が強く距離もあり、らふもタフで難しかった。駐在の最初野コロはこのコースのすぐ近くのアパート
に住んだ。

06072901


06072902


| | Comments (22) | TrackBack (0)

オーストラリア紀行2(水上機タクシー)

16日はシドニー郊外のドライブ。シドニーは複雑な地形の海岸に出来た町。湾が複雑に沢山、かなり陸地奥までいり込んでいる。川のようにみえてもそれは塩水の湾のことが多い。湾一つ一つにヨットハーバーがあったり、レストランがあったり楽しい散策ができる。これは一つの例。お客さんを飛行機(水上機タクシー)で案内するレストランでコーヒーブレークをとった。湾から湾へ飛びついでにシドニーを空から観光できる楽しいタクシーだ。

06072801


06072802


| | Comments (10) | TrackBack (0)

オーストラリア紀行1

シドニーには7月15日についた。朝7時半の到着である。時差がないので午前に少し休んで近く
を散歩した。泊まったのは友人宅。ドイツ系と日系ご夫妻の昔からの友達で大変お世話になった。
家はシドニーの北側の市中心部からすぐ近くの最高の住宅街。市中心部にも近いがバルモラルビーチ
にも近いMOSMAN地区。静かで便利でビーチも近いこんなところがシドニーにはあるのだ。日本なら青山
とどこかのビーチをあわせたような場所。15日は雨だったがバルモラルビーチを少し散歩。
夜は別の友人宅に招待された。

06072701
再会

06072702
バルモラルビーチの結婚式(雨中の撮影)

06072703
右の岬はNORTH HEAD

| | Comments (9) | TrackBack (0)

AC4400CW

これがAC4400CWです。まだ線路上の運転はしてません。GE製の機関車です。実機をアメリカ旅行(昨年の秋)の際にFLAGSTAFFの駅で強力そうな走りを見てファンなりました。今日からオーストラリアへ10日ほど出かけます。ブログの更新しばらく休みます。以前駐在していた所なので特に観光を考えているわけではありませんが帰国ごオーストラリア紹介を少しブログにのせたいと思っています。

06071401_1


06071402_1


| | Comments (5) | TrackBack (0)

ホビーセンターカトー

ホビーセンターカトー

ホビーセンターカトー
京浜急行デハ230形実物

東京落合、新青梅街道の近くにホビーセンターカトーがある。ここは鉄道模型の展示販売所として日本最大級のものだ。レイアウトを含めて興味が尽きず時間がすぎつい何かを買ってしまうことになる。
こんかいはアメリカの貨物列車を引くA C4400CWを買ってしまった。BNSFの機関車で力強く見えるのがよい。写真でいつか紹介します。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

信州伊那の紫陽花

7月2日伊那までとんぼ返りのドライブをした。伊那に深妙寺というお寺がありそこは伊那のあじさい寺として知られている。今年の春は気温が比較的低かったので、あじさいの花もおくれていたが最近やっと咲きそろいだした。

06070401

06070402


| | Comments (17) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »