« ソウルの昼休み | Main | ソウルの焼肉 »

南北分断の現場

ソウルの北に烏山統一展望台がありそこから北側が見える。双眼鏡で見ると農耕をしている人、道路を歩いている人、トラクター、アパート等が見られる。ここは臨津江(IMJINGANG)と漢江(HANGANG)が交わるところ。ここから漢江(HANGANG)は北へむかい黄海へ流れ込む。ここが民間人の到達できる最北端で臨津閣と呼ばれる場所には韓国国旗は張られいろいろな書き込みがされている。統一の願いとか、会いたいとか書かれている。
年をとった人がきちんと背広を着てきていたり、若者が観光のように来ていたりいろいろだった。
子供が団体できていたのは教育の一環かもしれない。日本にはないことなのでこの現実を見て南北問題の重さを感じた。

06110101
北側の風景(二つの川の合流点)

06110102
臨津閣

06110103
京義線の信号(鉄条網)

06110104
見学の子供達

|

« ソウルの昼休み | Main | ソウルの焼肉 »

Comments

Hi there, this weekend is nice designed for me, as this occasion i am reading this impressive educational piece of writing here at my residence.

Posted by: zoniya | 2014.08.20 at 11:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10090/12511287

Listed below are links to weblogs that reference 南北分断の現場:

« ソウルの昼休み | Main | ソウルの焼肉 »