« 武蔵小金井駅現況 | Main | 木曽のそば(信州開田高原) »

中央線ついに新車輌登場

中央線にもついに新型車輌233系が昨年12月末に投入された。
201系への思いに強いものがあるが、新型の乗りこごちは悪くない。
標識、行き先案内などやはり便利なものが装備されているし、音も
静だ。この一ヶ月で編成の数は相当に増えた。乗る機会がふえている。
この勢いで201が消えていくのは寂しい。

07020701
武蔵小金井駅へ進入する233系、201とのすれ違い

07020102


07020103


07020104
神田駅で東京へ向う233系

|

« 武蔵小金井駅現況 | Main | 木曽のそば(信州開田高原) »

Comments

鉄道ファンのTakさんには新車両運行は、とてもワクワクする事なんでしょうね。一般人の私にはどうもピントしません。でも逆に少し古い、懐かしい車両に乗った時には得した気がします。

Posted by: しらいし | 2007.02.02 at 12:42 PM

しらいし さん
本当は201系がついに消えていくのがいやなのです。
以前は全身緑色の山手線、青の京浜東北線、黄色の総武線、オレンジの中央緯でしたが、今では帯のいろを変えているだけになってしまい同じものが走っています。中央線だけ残っていることにちょっと誇りに思っていたのです。どれぐらいで消えていくのでしょうか。
写真を沢山撮っておかなくては。Nゲージの201系は手に入れました。

Posted by: Tak | 2007.02.05 at 07:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10090/13747142

Listed below are links to weblogs that reference 中央線ついに新車輌登場:

« 武蔵小金井駅現況 | Main | 木曽のそば(信州開田高原) »