« February 2007 | Main | April 2007 »

東京渋谷の桜

桜の開花の日がいつも話題になるが余り意味がないように思う。
靖国の花弁が5個咲いても満開には時間がかかるし、東京と
言っても広く、多摩地区などは関係ない。都心の5個の花弁
での開花宣言、Takは興味がまったくない。
これは都心の渋谷の桜、30日の夕方撮ったもの。
ここ数日極端に温度が高かった為、この辺は満開になったのだろう。
渋谷の雑踏で見る桜もいいものだ。

07033101
桜木町の古い字がよい。ハチ公前、桜も見える。

07033102
渋谷桜ヶ丘の桜

07033103
同上

| | Comments (12) | TrackBack (2)

中国北京(インターネットクリエイティブ会議)

一週間以上前の3月20日から22日まで北京を訪問した。
これは中国インターネット協会の招きで日本のインターネット
状況を伝えるという結構重責をになったものだった。
会議の名はインターネットクリエイティブ会議といい中国のインターネット
の世界で活躍する人達、報道陣の集まりで500人はいたと思われ
活気にあふれたものだった。中国の将来はこの元気な若い人達
が支えるのだろう。日本も頑張らなくてはの感を強くした。

07032901
中国インターネット協会会長 Madam Huの演説(国際的にも有名な方)

07032902
EU代表の方のプレゼン

07032904
泊まったホテルからの眺め(オリンピック会場に近い)

07032903
四川料理(中華はやはり中国が最高、当たり前か)

| | Comments (89) | TrackBack (0)

武蔵野公園 早春

3月18日桜の様子を見てきたが全然まだの様子。
この日は風が強く気温も10度に達せづ冬のような寒さだった。
それでも日ざしは明るくなって春の雰囲気は充分あった。
ただ開花はこの調子だと23日も無理だと思われる。
なにしろ蕾がまだ大きくなっていない。
ヒカンサクラは咲いていてピンクの花と、冬枯れののような
染井吉野の対比が面白かった。
柳の芽吹きと、こぶしの花が春を告げていた。
寒いのと風で家族連れが少なかった。

07031801
ヒカンサクラと染井吉野

07031802
まだ全然の染井吉野

07031803
柳の芽吹き

07031804
コブシ咲く

| | Comments (0) | TrackBack (0)

武蔵小金井駅南口再開発

今、武蔵小金井駅周辺は中央線の高架化と南口の再開発で騒然としている。
2003年9月28日高架化工事に伴う、線路の切り替え工事のミスで電車が7時間も停まり小金井の
踏み切り(本町踏み切りの手前で停まってしまった)が全国的に有名になってしまってから
すでに3年半がたつが工事はいまたけなわ、いつ完成するのか。
時々進捗を写している。いつか小金井踏切物語としてまとめて見たいと思っている。

07031701


07031702
大邸宅にあった大きな木は残されている。

07031703
80周年を越えたこの駅舎はいつまで残るのか。

07031704
ちょんぎれた跨線橋(小金井街道踏み切り)

07031705
新型電車

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福山市広島県

3月9日日本インターネットプロバイダー協会の地域プロバイダーの集まりで福山へ行った。
地域の集いは中身が濃く参考になる講演が続き充実したものだった。
福山は初めての訪問だったので本当は滞在したかったが、夜の新幹線で帰京した。
9日の朝、駅の周辺の散歩を1時間したが、きれいな町、文化も産業も豊かな町の印象を受けた。

07031001
地域の集いへ参加

07031002
福山城(駅の隣)

07031003
お城の公園に近代的オブジェ

07031004
お城の隣は教会

07031005_2
教会(突然スペインへ行ったよう)

07031006
昔懐かしい下駄(福山は日本の下駄生産の6割を占める)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ちゃんこ鍋

Takのひいきのちゃんこ鍋’三重の海’さんに先週の金曜日に仲間といった。
ここは武蔵川親方の店で味、雰囲気ともすばらしくもう20年も通っている。
深川にあり、深川不動尊、富岡八幡宮への参拝もでき江戸情緒も楽しめる。
季節ごとに料理もかわり飽きるがない。今後も行き続けるだろう。
一部の料理を紹介します。

07030501_1


07030502_1
鮪のたたき、季節によってこれが鰹のたたきになる。

07030503
最後はちゃんこ、鳥と鰯のつみれ具沢山の絶品、後でこのスープ
でラーメンを作ってくれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »