« November 2007 | Main | January 2008 »

2007年歳末ー浅草

台湾旅行記一休みして、2007年の歳末風景です。
毎年30日前後に浅草に行くことにしています。
やはり浅草には雰囲気があります。
散歩して’梅園’で’粟ぜんざい’を楽しみ、簡単
な夕食をするだけですが、これで年がしまります。

07123105


07123106


07123107


07123108


07123109
浅草公会堂 新春歌舞伎

07123110


07123111_2
梅園の粟ぜんざい


| | Comments (0) | TrackBack (0)

台湾旅行ー5

総統府の近くに国軍歴史文物館あったので入ってみた。
日本が深く関係した事実が中華民国(当時)側
から展示されていて時間の経つのを忘れた。
弱き(中華民国)が強き(日本)を挫いたとの興味
深い記述があった。

07123101
孫文と蒋介石揮毫によるもの

07123102
孫文の蒋介石に対する命令(士官学校校長への人事命令)

07123103
蒋介石 国民革命軍総司令 (歴史上有名な北伐の記述)

07123104
日中戦争は艱難苦難の8年だったの記述
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台湾旅行ー4

総統府は日本統治時代の総督府をそのままつかっている。
東大安田講堂、京大時計台等に通ずる当時の権威主義が見られる。
日本をそのまま残している心の広さも感じ、日本人として正直親しみも感じる。
衛兵のヘルメットには憲兵と書かれている。これも日本の言い方そのままつかっている。

07123004_4
総統府

07123005
衛兵(憲兵) 銃の引き金に指をかけたまま、内戦が終わっていない
としている緊張感が伝わる


孫文

辛亥革命により清朝を倒した孫文は国父として尊敬されている。
国父記念館は訪れる人がどぎれることはない。
孫文は大陸側でも尊敬されている数少ない人。
孫文は日本に数年間亡命もし東京で宋慶齢と恋愛し結婚に
いたっている。日本と中国との関係は、歴史的にも、地理的
にもいろいろな面でも自ずから近いのだ。宋慶齢はその後
中華人民共和国の副主席になる。

07123001
孫文

07123002
衛兵(微動だにせず、蝋人形のよう)

07123003
台湾の国連加盟をうったえる総統府

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台湾旅行ー3

結構気温が低い日もあり(17度ぐらい)、そんな日は鍋を皆でつつこうということになる。
今回の鍋は牛肉、豚肉、えび、魚、野菜などを飲茶的に選べるシステムになっている。
鍋はに仕切りがあり、辛いスープと塩のクリアの二種類の味を楽しめるようになっていた。
ここもこれから何度でも行きたい所になった。

07122903_2


07122904_3
右側が辛いスープ

07122905
店の看板


| | Comments (2) | TrackBack (0)

台湾旅行-2

今回は有名な鼎泰豊でのランチです。台北から始まり、日本にも10箇所以上、北京、立川にもあります。
いわゆる飲茶ですが、しょうろんぽう(小ろん包)が代表ですが、すべておいしい。
Takは北京と台北のみで日本ではまだ行ったことがありません。
ニュウヨーク タイムスで世界のベスト10にはいるレストランといわれたこともあります。

07122901
小ろん包 食べるときいきなり口にいれると暑い汁がでるので注意

07122902
鼎泰豊の入り口いつもこんな具合で列ができている。Takも34組ぐらい待たされた。
20分ー30分ぐらいの覚悟は必要

| | Comments (0) | TrackBack (1)

台湾旅行ー1

Takの主力PCついにダウンの為しばらくブログの更新ができませんでした。忙しさもあったのですがやっと暫定的に使うPCに環境を作りましたので、再開です。
この3連休台湾へ久しぶりに行ってきました。
何回かにわたって紹介いたしたく思いますが、今回は最初の夕食で食べた、日本では珍しい雲南中華です。
これからも何度も行きたくなった、おいしさでした。
中華特有の油濃さもなくさっぱりして、野菜中心ではまりました。
最後の中華そばはクリアスープで何杯でもお代わりができそうでした。

07122701_2

左の小さいお椀のスープ、小さいエンドウ豆のクリアスープです。
これからスタートし、続く料理のおいしさを連想させました。

07122702
最後のソバ、最高でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

町のイリュミネーション

毎年11月の後半になると町はクリスマスを連想させる
イリュミネーションで飾られる。今年は9月末に30度の
暑い日があったので、いきなりクリスマスの飾りで不思議
な感覚を持った。

07120201
吉祥寺、市制60周年

07120202
赤阪プリンスのクリスマス ツリー

07120203
赤阪プリンスホテルのエントランス

07120204
渋谷駅前のイリュミネーション

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »