« 台湾旅行ー3 | Main | 台湾旅行ー5 »

台湾旅行ー4

総統府は日本統治時代の総督府をそのままつかっている。
東大安田講堂、京大時計台等に通ずる当時の権威主義が見られる。
日本をそのまま残している心の広さも感じ、日本人として正直親しみも感じる。
衛兵のヘルメットには憲兵と書かれている。これも日本の言い方そのままつかっている。

07123004_4
総統府

07123005
衛兵(憲兵) 銃の引き金に指をかけたまま、内戦が終わっていない
としている緊張感が伝わる


孫文

辛亥革命により清朝を倒した孫文は国父として尊敬されている。
国父記念館は訪れる人がどぎれることはない。
孫文は大陸側でも尊敬されている数少ない人。
孫文は日本に数年間亡命もし東京で宋慶齢と恋愛し結婚に
いたっている。日本と中国との関係は、歴史的にも、地理的
にもいろいろな面でも自ずから近いのだ。宋慶齢はその後
中華人民共和国の副主席になる。

07123001
孫文

07123002
衛兵(微動だにせず、蝋人形のよう)

07123003
台湾の国連加盟をうったえる総統府

|

« 台湾旅行ー3 | Main | 台湾旅行ー5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10090/17521564

Listed below are links to weblogs that reference 台湾旅行ー4:

« 台湾旅行ー3 | Main | 台湾旅行ー5 »